あなたに合ったやり方は!?事業継承の王道4パターン

パターン1上場を狙う

株式上場する事で、銀行借入の個人保証や担保提供の必要がなくなります。また優秀な人材を獲得しやすくなり、将来の後継者候補を見つける幅も増えますので一石二鳥ですね。しかし上場するには厳しい基準をクリアしなければならず、ハードルが非常に高いので選択できる方が非常に少ないのが現状です。

パターン2親族や従業員に継承する

事業継承の時に、検討されることが多いパターンですね。社内の内情や社長の思いを理解していますし、社内外からの反発も起きにくく、経営の一体性を保ちやすいのがメリットです。ただ身内や従業員の中に、経営を任せられるだけの素質や、能力がある人間がいるとは限らないので、事業継承を任せられるような人材を育てることが重要となってきます。

パターン3やむおえず廃業する

出来れば取りたくない手段です。一緒に働いてくれた従業員やお世話になった取引先、今まで関わったすべての方に、大きな迷惑をかけてしまいます。

「立つ鳥跡を濁さず」出来る限りの手は尽くして、それでも廃業を考えるならば周りへの影響は最小限に抑える対策をしましょう。

パターン4M&Aを行う

M&Aとは、合併買収のことです。簡単に言えば、会社そのものを売り買いするという意味です。

親族や社内に後継者候補がいない場合には、会社そのものを売却して、第三者に経営を任せるのが選択肢として今、注目されています。

社外の多くの優秀な人材を後継者候補として検討することが出来ますし、なによりも、会社を売却した時の利益を手に入れることが出来ます。

最近は、大企業だけでなく中小企業でのM&Aの件数も増加しているので選択肢の一つとして検討してみてはどうでしょうか?

事業承継は近年、親族外継承が増加傾向にあり、専門の業者に仲介を依頼して行うケースが増えて来ています。