こうすれば手際よくできる、引っ越しの片付け!

荷造りするときに始める引っ越しの片付け

引っ越しをするときにいつも頭を痛めるのは荷物の片付けです、あれもこれも持ってい行きたい、これだけは捨てられないと荷物は多くなりがちですが、案外引っ越し先で使わなかったり、サイズが合わずに埃をかぶったままになったてしまったものもあるものです。ですから引っ越しの片づけは荷物を選別することから始めなければいけないと言えます。衣類は2年間着なかったものは捨てる、食器も同様。また子どもの絵や作品は写真に撮って実物は捨てるなど一定の基準を決めて、できるだけ持ち物を減らすことが肝心です。家電や家具などは置くところと使い道があるかをよく検討し、使えないものは思い切って処分するようにします。不用品回収業者に引き取ってもらえば多少の収入になることもあります。荷物を最小限にしておけば引っ越し先での荷ほどきや片付けもぐんと楽になります。

荷ほどき片づけは順序良く

最小限に減らした引っ越し荷物でも、荷ほどきの時のことを考えて一番先に出す必要があるものと、後に回せるものを色分けや番号付けをしておくと便利です。家具や家電も置く位置を決めておいて引っ越し当日作業員さんに確実に置いてもらうようにします。荷ほどきに取り掛かるときは一番先に使うものから始めて、所定の場所に入れるようにします。空になったダンボールや緩衝材などはその都度たたんで片付け部屋中に散らばるようなことがないようにすることが肝心です。そうでないと家じゅう足の踏み場もないようなことになり、大事なものを見失うことも少なくありません。引っ越しは片付けに始まり片付けに終わるとも言えますが、順序を決めて手際よくやりたいものです。

現代の大量生産・大量消費という時代にあって、不用品の回収は見直されています。何故なら、身の回りにある物は全て、貴重な資源を使って作られているからです。