めちゃくちゃ簡単!自営業として独立するための方法

自営業は難しくない!

価値観や働き方の変化により独立開業を考える人が多くいます。しかし実際に開業するとなると、手続きなど難しそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。開業の形態にもよりますが、自営業としての開業であれば実は非常に簡単に出来てしまいます。どれほど簡単かというと、スマートフォンを契約するよりも簡単です。それではどのようにすれば開業できるのでしょうか。

自営業になるための手続き

開業するための最低限の手続きとしては開業届を税務署に提出するだけです。開業届というと何か堅苦しいイメージがありますが、実際には名前や住所、事業内容などを記入するだけなのですぐに作成できます。初めて開業届を記入する人でも5分もかからないような内容なので心配する必要はありません。もし分からない点があったとしても、税務署の職員が丁寧に教えてくれるので全く問題ありません。開業したいと感じたらとりあえず税務署に行ってみましょう。

青色申告をしたい場合はその手続きも忘れずに!

自営業として開業するだけならば開業届を提出するだけで良いのですが、確定申告の際に青色申告をしたい場合は開業届と同時に青色申告の申し込みを済ましておくと便利です。青色申告は税制上の特典が受けられる特別な確定申告なのですが、事前に申請をしないといけません。後から忘れてしまわないためにも、開業届の提出と同時に青色申告の申し込みもしておきましょう。ちなみにこの申し込みも開業届と同じように簡単に行うことが出来るので安心です。

加盟する人や法人(ファミレスやコンビニなどでオーナーになろうとする人)が、フランチャイズ本部からその店の看板やメニューなどの商品を扱う権利をもらい、その対価を支払う事です。