なぜ大手インターネット通販会社は送料を無料にすることができるのか?

ネット通販の人気は送料無料が大きい

インターネット通販による荷物が多すぎて、運送会社が大変だというニュースが増えています。最近は、購入した当日に配達を行うというサービスも出てきているので、運送会社はフル回転の状況です。

インターネット通販が運送会社のサービスを左右するほど利用されているのは、実店舗よりも商品の値段が安いということもありますが、一部大手の通販会社が行っている送料無料サービスも大きな要因でしょう。商品自体の値段が実店舗より安くても、送料が加わると高くなってしまうのではあまり魅力がありませんが、送料が無料だと、家に商品を直接届けてくれる上に実店舗で買うよりも安いということで、とてつもなく大きなメリットがあります。

大口契約者として運送会社に対し値下げ交渉をしている

では、大手通販会社はなぜ送料を無料にすることができるのでしょうか。単純にいうと大口契約者だから可能なのです。

個人が荷物を送る場合、運送会社が掲げている送料を支払うことになりますが、大口契約者の場合、「当社はこんなにおたくの運送会社を利用しているので、料金をまけてほしい」と交渉できます。そのため、個人であれば700円の送料を負担しなければならないのに、大手インターネット通販の場合は、300円の負担で済むといったことがあり得るのです。

それなら、どうして送料300円ではなく、送料無料なのかというと、一部の格安商品を除き、商品の代金に最初から送料が上乗せされているからです。たとえば1000円の商品であれば、本来は商品価格700円で送料300円のところを、送料無料で1000円としているのです。

EC物流とは、インターネットを通して、電子取引を行うことです。オンラインショップやネットオークションなどが含まれます。