倉庫を持たない通販事業の起業!物流システムを活用する魅力

倉庫なしで行う通販事業

通販によって商品を購入するという方法は一般に受け入れられるようになり、多くの人がインターネットを介して商品の購入を行うようになりました。このような状況に着目してインターネット通販専門の事業で起業するのは賢い考え方です。しかし、商品を購入して在庫を抱えて販売するには在庫リスクがあることに加えて倉庫を用意して保管しなければならないコストがかかります。確かに売れるような商品だけを扱うようにしないと通販事業を行うのは困難だという結論に達してしまいかねません。しかし、倉庫なしでも通販事業を行うことができます。自分で在庫は一切抱えずに販売のみを行う事業として確立させることができるからです。

二つのアプローチを駆使

倉庫なしで通販事業を展開する方法は二つあります。一つ目のアプローチとして生産者や製造者と提携することにより、注文があったときにはその業者から直接発送してもらうという形で運営することが可能です。二つ目のアプローチは物流専門業者を活用する方法であり、入荷から在庫管理、出荷に至るまでを全て委託して行うことができます。その分の中間マージンが発生することは確かですが、生産者や製造者が直送での販売という形での提携を了承してくれなかった場合でも問題なく事業を起こすことが可能です。売れる商品を扱わなければ利益が上がらないのは確かであり、売れる可能性が高いと見込んだ商品を扱えるようにする物流システムを組むことは重要でしょう。その点で優れているのが物流の業者委託なのです。

通販物流は繁忙期には、かなり人手が不足している傾向にあります。そのため、積極的に人材を採用しています。