M&Aの手法は1つではない?判断基準を知っておく

M&Aの種類はたくさん

M&Aとは事業承継のことであり、一般的には株式譲渡のことを指して使われることも多いようです。M&Aの手法の中で最もよく利用されているのが株式譲渡となります。M&Aの手法には他にも、事業譲渡、合併、分割などの種類があります。さらに、資本移動を伴わない提携についても広義のM&Aとして考えられています。

M&Aを成功させるために重要なこと

M&Aを成功させるためには、シナジー効果が重要です。特に中小企業のM&Aでは、「企業文化が似ている」「相互補完的」「シナジー効果が発現しやすい」という条件を満たす組み合わせが良いです。しかし、どんなに良い組み合わせでも、お互いの同意が得られなければM&Aは成功しません。売り手の尊厳を守り、敬意を払うという姿勢でのぞみましょう。また、企業にとって宝である社員のモチベーションを高める努力もしていかなくてはなりません。

トラブルを避けるために

株式譲渡では企業の権利関係をまるごと移転させるために、予期せぬトラブルを抱えてしまうこともあります。例えば、帳簿には現れていなかった債務や保証が発覚したというケースなどです。簿外債務を抱える可能性がある場合には、事業譲渡などの手法のほうがメリットが出る可能性も高いです。事業譲渡では事業の一部だけを移転させることもでき、契約によって移転させる部分をはっきりとさせるので簿外債務を抱える心配がありません。手続きに手間がかかるというデメリットがありますが、中小企業の場合には手続きを簡略化することができるケースも多いです。

M&Aとは、企業の合併や買収を意味します。2つ以上の企業が合併して1つになったり、ある企業が他企業を買収したりすることです。