失敗しない!知っておきたい安全な起業の始め方

起業は前準備が重要です

終身雇用が崩壊してから、起業するサラリーマンが増えています。フリーランスとして自由な働き方を求める人が多いわけですが、知っておきたい重要なことがあります。まずは前準備をいかにしっかりと行っておくかということです。会社を辞めてから事業を興すようでは、失敗するリスクが高まります。そこで会社勤めをしている間に、どれだけ準備を進めておけるかがポイントになるわけです。

副業からスタートするとリスクも少ない

例えばエンジニアのように、技術に自信を持つと独立起業するケースが増えます。会社員時代に技術を高く評価されることで起業に踏み切るわけですが、思うようにクライアントが増えずに悩むことになります。これは、会社というバックボーンが無くなるのが理由です。納期や品質などにおいて、保証となるバックボーンがあればクライアントも安心します。けれども独立すると何も信頼されるものが無くなってしまいます。そこで会社員として働いている間に、副業でクライアントを作っておく必要があります。

フランチャイズであればリスクも少なく起業できます

1人で事業計画を立てて起業するよりも、すでに経営ノウハウが確立されているフランチャイズに加盟する方が失敗するリスクは少なくなります。多くのチェーン店の運営に携わるフランチャイズ本部には、あらゆる経営上のノウハウが集まってきます。そのために起業してからすぐに売り上げを確保することが可能と言えます。ある程度の資金は必要になりますが、加盟料が少ない業種も増えているので誰でも始めやすくなっています。

フランチャイズとは、ある企業の看板を借りて店舗を経営する方法で、自分がオーナーになって店舗を経営するので、ある程度自由に経営することが出来ます。