派遣で運転手をする場合の特徴や勤務形態とは

派遣の運転手が増えてきた背景を知る

平成大不況の影響で、景気がよかった頃のような採用の仕方を続けることができない会社が増えてきました。そのため、社員を採用する代わりに潰しのきく派遣社員を利用する会社が増えてきたのです。最近は、運転手を派遣で募集している会社も珍しくありません。運転手でも高度な技術を必要とするものを除いて、派遣でもできるものは派遣に任せてしまったほうがよいと考える会社が増えています。派遣は、社員を雇うよりも経費が少なくなります。結果的に、赤字を回避することができる可能性があるでしょう。

運転手といってもさまざまな種類がありますが、運送系が多くを占めています。運送系の運転手はなり手が少なく、派遣に任せることでなんとか会社の経営ができている例も少なくありません。

条件はしっかりと確認しておこう

派遣から運転手になる場合は、ルートの配達を任せられることが多くなります。そのため、何度かルートを回れば、配達先や道順を覚えることができるでしょう。それ以外では、特に難しい仕事はありませんので、仕事内容が難しくて戸惑うことはないでしょう。

雇われる場合には、勤務の条件を気にしておく必要があります。勤務条件の中でも大事なのは休憩時間を確保することができるかです。休憩時間は、労働基準法で定められているため、求人では1時間の休憩がある旨書かれていることがありますが、まとまった1時間ではなく20分休憩を3回とることもありますので要注意です。

実態を知るためには、実際にそこで働いている人に聞いてみるか、インターネットの口コミで検索してみましょう。

臨時のイベントなどで車の送迎が必要な際には、運転手の派遣を利用できます。運転に慣れた方を派遣してもらえるので、安心して依頼することができます。